Home > 管財税務 > 管財税務申告をどの税理士に依頼すべきか?

管財税務申告をどの税理士に依頼すべきか?

これはまず、従来からその会社の顧問をしていた税理士に依頼するのが、最もスムーズに作業が行われると思われます。
会社の状況が分かっているということもありますし。


しかし、次のような理由により、別のところに依頼するほうがいいこともありそうです。

・破産する法人が顧問料を滞納していたりして、顧問税理士がやる気が無い。
・顧問税理士自身が、「自分の経営指導不足により法人を破産に追いやった」と責任を感じていて、破産に関する申告を行う気力が無い。
・顧問税理士自身、破産に関する税務申告についての知識が不足しており、申告書作成能力に疑問がある。


それと、コストの問題も大切です。
依頼費用が「財団債権」として破産財団の負担となりますから、裁判所と相談することになります。
申告にかけることができるコストは、財団の規模によって変わってくるのでしょう。

そういうニーズを読み取って、税理士側も対応せねばならないと感じております。

Home > 管財税務 > 管財税務申告をどの税理士に依頼すべきか?

Search
Feeds
Meta

Return to page top