Home > 法律事務所の経理 > 売上にならない収入・経費にならない支出

売上にならない収入・経費にならない支出

一般的に
入金=売上
支出=経費
という考えからスタートしますが、そうでないケースもあるよってことで。


●通帳などへの入金があったにも係わらず、売上(事業収入)とはしないもの。

・立替実費の入金
 →立替金の回収だから。なお、実費の支払時に経費処理していないことが前提。

・預り金の入金
 →預っているカネだから。預り口座へ入金させるのが原則。売上口座に入金されたら速やかに預り口座へ振替すること。

・預金利息
 →利子所得としてカウントする。事業所得を構成しない。確定申告の際は無視。

・給与の入金
 →給与所得としてカウントする。事業所得を構成しない。確定申告の際は給与所得に織り込む。

・保証金の返金分
 →支払った際に経費として処理していないから。

・銀行等からの借入金の入金
 →まぁ当たり前か。

・所得保障保険料の無事故割戻など
 →支払時には経費処理していないため。


●逆に、支出したにも係わらず、経費処理はしないもの。

・立替実費の支払
・預り金の返金
・借入金の返済額(元本部分)

・所得税と住民税の支払
 →なお、個人事業税と消費税は経費になる。(個人事業税を経費していない人が時々いる。もったいないので注意)

・生命保険の保険料
・所得保障保険の保険料
 →生命保険料控除の対象として、確定申告の際に考慮。

・小規模企業共済の掛金
 →小規模企業共済掛金控除の対象として、確定申告の際に考慮。

・給与所得となる収入があった際に、そこから控除される負担金
 →日弁連交通事故相談センターからの給与収入から控除される負担金

・交通反則金
 →駐車違反やスピード違反により払う反則金が経費とならない。
 →おまけ:レッカーによる移動費と、移動先における駐車料についての相当額は経費になる。

Home > 法律事務所の経理 > 売上にならない収入・経費にならない支出

Search
Feeds
Meta

Return to page top