Home > Archives > 2011-04

2011-04

破産管財人になるには

破産管財人というのは裁判所が選定するのですが、通常は弁護士がなるのが普通です。
(ちなみに現行破産法においては、破産管財人は個人に限られていますので、弁護士法人が破産管財人となることは認められていません) →どうやらそうでもないらしい。

で、弁護士は、破産管財人となりたいときは事前に裁判所に手を挙げておきます。
事前エントリー制のようなものです。(管財人となるための必須研修などもあるようです)

裁判所は、破産管財人を決める際は、そのエントリーされた弁護士の中から「ではこの案件はこの人に」という形で依頼します。
破産管財業務は膨大な事務作業を伴うのが普通で、かつ当事者も多岐に渡りますから、事務処理面でミスがなく、かつノウハウのあるところを破産管財人に選ばないと、という感じでしょうか。

その意味では、
 ・能力ある弁護士と事務員がいる事務所
 ・これまでの実績(財団形成・配当率)がある事務所
というのが選ばれやすいのかなーという印象です。

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2011-04

Search
Feeds
Meta

Return to page top