Home > 業務記録 > 弁護士法人への法人成シミュレートを実施

弁護士法人への法人成シミュレートを実施

弁護士法人への法人成シミュレーションを実施。

法人化した場合の税負担や保険料負担などを考察。
今回、税金面での効果は、それほどは見込めず。
設立コスト+数年分のランニングコストが、消費税の免税効果でペイできるというところか・・・。

単に法人化するだけではアレなので、
各種規定を整備して、諸々の外部機関を活用して
数字的に損にならないような絵が描ければまずまずというところ。
さすれば弁護士法人の信頼性というアドバンテージを活用してもらう価値がありますな。

まぁ、「税金面の効果を期待したとしても、それは劇的な効果は見込めない」という感覚でいくのが正解だろうか。
とはいっても財布が法人個人と2ヶ所できるので、活用方法は個人事業主オンリーよりは多い。

法人化するかどうかは、節税や資産形成に関しての、弁護士本人の感覚によるところも大きい。

Home > 業務記録 > 弁護士法人への法人成シミュレートを実施

Search
Feeds
Meta

Return to page top