Home > 管財税務 > 滞納国税との相殺

滞納国税との相殺

滞納の国税があるときに、新たに申告を行って還付税額を発生させるとしたときには、
国税通則法57条により、強制的に充当されることになるが、
これが民法や破産法との関係で、なにかバッティングすることはあるのだろうか?

実務的には、「滞納がありますので今回の還付金はそれに充当しますよーん。ハイこれが新しい交付要求ね」
といって新たな通知書がペラッと送られてきてオシマイ、しか経験が無いのだが。


(もう少し検討を加える予定)

Home > 管財税務 > 滞納国税との相殺

Search
Feeds
Meta

Return to page top