Home > Archives > 2014-06

2014-06

管財人報酬の相手勘定科目

質問を賜りました。

 法律事務所に勤務する事務職員です。
 書籍を拝読しまして、管財人報酬の経費扱いは理解したのですが、さて相手勘定科目は何?と悩んでおります。

 清算確定申告書を作成する段階では、現金(預金)で支払は完了しておらず、未払費用となるのでしょうか。
 さらに、管財人報酬を支払った時点で、未払費用/現金(預金)若しくは無仕訳で良いのでしょうか。

 大変初歩的だと存じますが、何卒宜しくご教授願います。


 ご質問の相手勘定科目ですが、未払費用でOKです。未払金でもいいかもしれませんが、要は未払計上します。
 で、管財人報酬を支払った時点で、ご指摘の通り、未払費用/現預金 となります。

 ただ、その支払タイミングが「最後の申告(換価完了し残余財産が確定した時点での申告)が終わった後」になることが多いと思いますが、その場合には無仕訳になります。したくても出来ない、というところです。
 最後の申告のB/Sの負債の部に未払費用が計上された状態で、決算および申告となり、経理処理は終了。後は残念ながら何もしない(もう申告しないので)、という流れです。
 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2014-06

Search
Feeds
Meta

Return to page top